QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
miyamaso
福島県の西郷村(にしごうむら)の山あいで温泉旅館を営んでおります。

2010年02月22日

しばらくでした

先日ブログの更新をしていると、何のアクシデントか、編集途中で内容がすべて消えてしまったのです!!
地消地産のセミナーに参加したことや、接客に関する講演会に出かけたことなど、いろいろと内容盛りだくさんだったのに、なんということでしょう!
さすがに、その日のうちにもう一度やり直す気力は失せてしまい、しばらくPCに向かうこともしておりませんでした。

しかし、そういう時ほど、「ブログ読んでます。」と言って泊まりに来てくださるお客様にお会いし、「あぁ、がんばって続けなくては!」と自分を奮い立たせることになるのです。


悪いことは続けて起こるもので、その日はとにかく物を落とす日でした。
食べ物から食器から、とにかく落としまくりでした(苦笑)。
別の日には、自宅で使っているランプが壊れたり、愛用しているペンを紛失してしまったり……。
厄日続きだ、と気が滅入っているところへ、今度はトラブル発生!


まぁ、でも悪いことはいつまでも続くわけでもなく、負の連鎖を断ち切ることだってあるんですね。
自分の気の持ちようも大きいかな。

親しい友人に第一子が誕生し2ヶ月が過ぎました。
生まれてすぐに会いに行きたかったのですが、ちょうどインフルエンザが流行していたため、しばらくは写メで成長の様子を知らせてもらっておりました。
ところが、先日、ひょんなことからその友人宅を訪れることに。
ちょうど、旦那さまもお休みでいらっしゃって、お会いすることができました。
お子さんはかわいらしい女の子。
赤ちゃんの表情はずっと見ていても飽きることはないですね。
もう、かわいくてかわいくて!
友人の子でさえそう思うのだから、自分の子だったらもっとかわいいのでは、と思いをめぐらしながら友人の子を抱っこさせてもらってきました。

私たち夫婦にはまだ子供はおりませんが、いつか授かる日が来るといいなと思っております。
子供の親になってみて初めて、自分の親のありがたさや苦労、その思いがわかると言われますものね。


新米夫婦、新米若女将で、まだ始まったばかり。
いろんなことがあり、いい日も悪い日もありますが、何もないよりは刺激があっていい!
そう思って、応援してくださる方々の笑顔や温かい言葉をパワーに変えて、がんばっていきます!!!  


Posted by miyamaso at 11:47Comments(2)

2010年02月13日

今日のうれしかったこと

お客様をお部屋へご案内した際に「ブログ読んでます!」とお声かけいただきました。

とても嬉しく思うと同時に、照れくさいような、気恥ずかしいような気持ちにもなりましたface03

つれづれなるままに、というような感じで綴っているこのブログですが、「読んでます!」とおっしゃっていただくと、「がんばろう!」と強く思いますし、励みになりますface02

このブログを読んでくださっているみなさまのために、何か少しでもお役に立てるような情報をご提供させていただいたり、読んでいただいた後に、みなさまの心に何かが残るような、そんな言葉を綴らせていただきたいと存じます。


今日もいいことがひとつありました。

また明日もいいことがありますように!

いや、いいことを見つけられますように!!
そして、みなさまにいいことが訪れますように!!!
  


Posted by miyamaso at 19:00Comments(1)

2010年02月12日

だるま市

昨日は白河だるま市でした。
お出かけになった方も多いことでしょう。
あいにくの雪でしたが、12万人の人出だったそうですよ!
私もどんど焼きとだるまを求め、出かけてまいりました。


白河だるま市の由来は、もとともとはご先祖様のお墓に供える造花を売る「花市」が始まりです。その花市でだるまも売られていたのですが、松平定信公が絵師である谷文晁に命じて、縁起のよいだるまとして絵付けさせるようになってから、有名になったのだそうです。

眉は鶴、ひげは亀、口の下に竹、顔の両方に梅と松を模様にしたものが描かれています。

白河には2件のだるま屋さんがあります。
(佐川だるまさん、渡辺だるまさん)
写真のだるまは渡辺だるまさんのものです。

縁起のよい、福を呼ぶだるま。
我が家にもいちばん小さなサイズのだるまを購入しました。
その背には「夫婦円満」と書いていただきました。face05
白河だるまは、いちばん小さいのからだんだんと大きいサイズを毎年買うようにするといいんですよ。

だるまに文字入れをしてくださったおじさんが、帰り際、「次のだるまには”安産祈願”って書くようになるかなぁ~。」と、とびきりの笑顔で言ってくださいました。
そうなるといいな、と思いつつほんわかした気持ちでだるま市をあとにいたしました。



白河だるま事業協同組合
渡辺半次郎

所在地:白河市横町30
℡:0248-23-3978

  


Posted by miyamaso at 15:03Comments(0)

2010年02月11日

習い事part②

おととい、パン教室へ行ってまいりました。
今回のメニューは

そば粉パン


松の実パン


洋風茶わん蒸し
以上3つでした。

パンはどちらも素朴な味わいで、食事向きです。
茶わん蒸しの具は、今回はロースハム、ホタテ貝柱の缶詰、ブロッコリー、マッシュルームを使用しました。
アレンジが可能かと思われるので、家庭にあるほかの材料でも試してみようと思っています。

教室で試食をして、残った分はお土産になります。
いつもこのお土産を楽しみに待っている主人。
今回も「おいしい!」と言って食べてくれました。

みなさまにおいしいパンを提供できる日が来るまでは、もうしばらく時間を必要としますが、それまでは勉強・勉強。
がんばります。

習い事は、そのものの勉強はもちろんですが、そこに集う仲間との情報交換や悩み相談など、そこから広がる世界があって、すごくいいなと思うんです。
旅館で仕事をしていますと、たくさんのお客様との出会いがあり、お客様から教えていただくことも多々ございます。
そうした出会いは本当に大切にしたいものです。
そして、それとは別に、旅館以外で出会う人たちとのご縁も同じように大切にしたいと思っております。
ともすると、閉ざされた世界にこもってしまいそうな旅館業。
家と旅館の往復だけの毎日……というのでは、息が詰まってしまうかもしれません。

習い事を続けさせてくれる主人に感謝!!!

そして、出会うすべての人々に感謝!!!

  


Posted by miyamaso at 12:02Comments(0)

2010年02月03日

足湯

宿の前の足湯でございます。

午前中は雪が降っておりました。
雪見風呂ならぬ雪見足湯でございます。

こちらのお湯も、露天風呂や内湯と同じお湯ですので、少し茶色がかっております。

足元からポカポカになりますよ~♪

足湯はどなたでも無料でご利用いただけます。
どうそ、お出かけくださいませ!  


Posted by miyamaso at 12:28Comments(0)

2010年02月01日

2月です

2月に入りました。
「如月(きさらぎ)」という異称は、「衣をさらに重ねて着る月」という意味の「衣更着(きさらぎ)」に、中国で2月を表す「如(じょ)」という漢字を当てたという説があるようでございます。

「きさらぎ」という響きが美しいなぁ…と思うのですが、みなさまはいかがですか?

さて、月が替わり、カレンダーをめくりました。
これは事務所に掛けてあるカレンダーなのですが、

こんな言葉が書かれております。

「ははーん。なぁるほどなぁ~。」と思いませんか?

空気が読めない「KY]という言葉が一時取り上げられましたが、空気を読む訓練か…。

カレンダーには、ステキな言葉が記されているものが多くあるかと存じます。
教えであったり、戒めであったり、心がほんわかするひと言であったり、さまざまです。

毎日目にするカレンダーのひと言に、勇気づけられたり、励まされたり、支えられたりしております。
言葉の持つ力は偉大です!

さて、今日も一日がんばっていきましょうか!!
  


Posted by miyamaso at 09:20Comments(0)